医療関係者の方へ

緩和ケア

はじめに

緩和ケアとは、終末期に提供されるケアとして捉えられた時期がありました。
そのため、治療が出来なくなった人のための最後の医療ケアと誤解されがちでした。
しかし、がんと診断された時から緩和ケアは始まるといっても過言ではありません。
がん自体の治療と同じように大切で、しかもそれは患者さんだけでなく、場合によってはご家族にも必要です。当センターでは、緩和ケアチーム活動、緩和ケア 外来をおこなっており、またがん相談支援センターを設立し、患者さんとそのご家族を支援するケアを提供しております。

緩和ケアとは

緩和ケアとは、がんになると、患者さんとそのご家族は、さまざまな苦痛、 問題を抱えます。
それは単に痛みといった身体的な症状だけでなく、不安や落ち込んだ気分などの精神的なつらさ、日々生活で生じる社会経済的な問題、そしてスピリチュアルな問題(その人間の人生の意味や生きる意味など)です。
緩和ケアとは、こうした身体的な苦痛や気持ちのつらさなどを少しでも和らげるための対処を早期からおこない、患者さんとそのご家族も含めて援助することです。
そして生活の質あるいは生きる質を保つことで、自分らしく過ごしていただくことを 目的としています。

緩和ケア外来とは

緩和ケア外来は、当院通院中の有無に関係なく、ご自宅でがん闘病されている方を
対象に緩和ケアを提供しています。
パンフレットはこちらから

緩和ケアチームとは

緩和ケアチームは、痛みなどのつらい身体症状や不安、落ち込みなどの精神的な苦痛を和らげ、患者さんとそのご家族が自分らしい生活を送れるようにサポートするための専門チームです。
当センターでは、主治医、病棟看護師とともに緩和ケアチームという多職種の医療専門職による専門チームが協力して関わり、安定した心身の状態でがん治療を受けることができるよう患者さん、ご家族をお手伝いします。

緩和ケアチームメンバー
医師 2名(外科・呼吸器外科)
看護師 緩和ケア専従看護師1名
各病棟リンクナース2名ずつ
薬剤師 1名
栄養士 1名
理学療法士 1名
ソーシャルワーカー 1名
事務職 1名

 

がん相談支援センターとは

がん相談支援センターでは、がん専門相談としての研修を受けたスタッフ(看護師、医療ソーシャルワーカー)が、信頼出来る情報に基づいてがん治療の療養生活全般の質問や相談をお受けしております。
パンフレットはこちらから

 

研修会について

当院では、地域の緩和ケアの質の向上とネットワークを目的に、地域の医療・福祉関係者を対象に、緩和ケアについての研修会「大分東部緩和ケアセミナー」を定期的に行っています。

次回のご案内

決まり次第お知らせ致します。

お問い合わせ先

大分医療センター地域医療連携室
(直通)TEL097-593-1112
がん相談支援センター直通FAX 097-528-9651
〒870-0263  大分市横田2丁目11番45号