診療科・各部門のご紹介

医療安全管理室

医療安全管理室の基本的な考え

 医療安全は、医療の質にかかわる重要な課題である。また、安全な医療の提供は医療の基本となるものであり、病院及び職員個人が、医療安全の必要性・重要性を病院及び自分自身の課題と認識し、医療安全管理体制の確立を図り安全な医療の遂行を徹底することがもっとも重要である。

医療安全管理体制

1.医療安全管理委員会(月1回)…医療安全管理に関する討議
2.医療安全推進部会(月1回)…年間でテーマを決めて多職種による活動
3.看護部セイフティ委員会(月1回)…看護部の医療安全に関する討議
4.医療安全カンファレンス(週1回)…ヒヤリハット事例の検証

医療安全管理室の日常活動

1.医療安全に関する情報収集及び実態調査
2.各種マニュアルの作成及び点検と見直しの提言
3.ヒヤリハット報告の収集、分析、再発防止策の提言
4.医療安全に関する最新情報の把握と職員への周知
5.医療安全に関する職員への啓発・広報
6.医療安全に関する教育研修の企画・運営
7.医療安全事故発生時の指示・指導

医療安全管理室が実施する研修会

平成30年度の年間計画の予定
開催日 テーマ
4月23日 放射線科のお話
5月30日 虐待とクレーム対応
6月11日 Web研修:不眠せん妄と抗菌薬関連
7月26日 第11弾 ヒヤリハット小劇場
10月10日 輸血療法と薬剤について
12月12日 医療機器と医療ガス
2月13日 第12弾 ヒヤリハット小劇場
3月18日 医療安全推進部会の1年間の取り組み

上記以外に、6月と11月は全職員100%出席の研修会を実施

医療安全管理室の具体的な取り組み

1.医療安全管理室長と医療安全管理係長の安全ラウンド

現場に出向き、医療安全に関する事項を直接スタッフや現場を見て確認しています。

 

 

 

 

 

2.医療安全管理室ニュース

医療安全に関する情報を全職員へ発信し、情報の共有や注意喚起を行っています。

 

 

 

 

 

3.医療安全研修会の企画・運営

当院で発生したヒヤリハット報告などから、研修会の企画・運営を実施しています。