診療科・各部門のご紹介

臨床工学室

はじめに

当院の臨床工学室は、医療機器の中央管理を目的とし平成16年に設置されました。現在、臨床工学技士4名で業務を行っており、生命維持管理装置の操作および管理を中心に、医療機器の安全で効率的な運用といった、病院全体の危機管理の一旦を担っております。

また、様々な急性期疾患に対し、24時間オンコール体制でHCUを中心に診療支援を行っています。

理念・基本方針

理念

患者様に安全な医療機器を提供いたします。

基本方針

医療機器の保守点検に努めます

医療機器について、職員の教育に努めます

主な業務内容

血液浄化業務

血液透析室・HCU・病棟において血液透析、持続緩徐式血液濾過透析、エンドトキシン吸着療法、血漿交換療法、ビリルビン吸着療法、薬物吸着療法、白血球除去療法、腹水濾過濃縮再静注法を24時間オンコール体制で行っています。

心臓カテーテル検査業務

心電図血行動態記録器およびイメージングデバイス、補助循環装置等の操作業務を行っています。

医療機器管理業務

人工呼吸器やNPPV、輸液ポンプ、シリンジポンプ、経腸栄養ポンプ、低圧持続吸引器、ネブライザーの中央管理を行っています。また、除細動器やIABP、透析装置、モニター等の定期点検を行っています。

手術機器操作業務

肝悪性腫瘍焼灼術(RFA)におけるジェネレータの操作を行っています。

ペースメーカ業務

植込み手術時のPSA操作や、ペースメーカ外来でのプログラマ操作を行っています。