診療科・各部門のご紹介

薬剤部

薬剤部TOP
院外薬局の方へ 薬学生・就職をお考えの方へ おくすりQ&A
独立行政法人国立病院機構
九州グループ
日本病院薬剤師会 日本薬剤師研修センター
日本医療薬学会 大分県病院薬剤師会 妊婦と薬剤情報センター
(国立成育医療センター)
院外処方箋について

薬剤部の紹介

薬剤部の理念

私たち薬剤師は、医療チームの一員として専門的知識に基づいた安全で適切な薬物療法の提供に貢献します。

思いやりの心を持ち、患者様のQOLを高めることに寄与いたします。

 

  • 調剤過誤防止と安全管理の徹底に努めます
  • 治験推進とコーディネーター業務の確立に努めます
  • 医薬品安全性情報の迅速な収集と発信を目指します
  • コスト意識の確立と適正な医薬品管理に努めます
  • 薬物療法を通じてチーム医療への参画に努めます

薬剤部の理念は、医療チームの一員として専門知識に基づいて安全で適切な薬物療法の提供をすることです。そのために医薬品の適正使用を推進し、電子カルテなどのITを駆使して患者情報の把握、持参薬や注射薬を含めた相互作用の確認、不要な重複投与の確認などを通して必要に応じて医師へ処方提案を行っています。また抗がん剤やTPNは安全キャビネットやクリーンベンチを利用して薬剤師が調製しています。病棟では薬剤管理指導業務を通じて薬剤の適正使用がなされているか確認すると同時に副作用がないか患者さんからの聞き取りや、副作用予防のために注意事項などの指導を行っています。さらに薬剤部ではジェネリック医薬品の使用促進に取り組み、患者さんに廉価で適正な薬物療法が提供出来るように努めています。

現在医師や看護師の人手不足が社会問題となっています。このような中で平成26年度の診療報酬改定において病棟薬剤業務実施加算が新たに設けられました。その施設基準の中で「病院勤務医の負担軽減及び処遇の改善に資する体制が整備されていること。」とあります。これは薬剤師本来の職能を発揮する絶好のチャンスと捉えることが出来ます。つまりこれまでのような調剤偏重の業務から臨床へと業務を大きく変えることができるからです。そして今後は医師や看護師と協力して今まで以上の良質な薬物治療を提供出来るようになります。そのため薬剤部では現在病棟薬剤業務を始めるにあたって周到な準備を行っています。今後も患者さんを中心にチーム医療の一員として安全・安心な医療に努めて参ります。

薬剤部概要

構成人数
薬剤師 11名
薬剤助手 2名

2017年4月現在

取得資格
  人数
がん薬物療法認定薬剤師 1名
医療薬学会 認定薬剤師 1名
NST専門療法士 1名
漢方薬・生薬認定薬剤師 1名
認定実務実習指導薬剤師 3名
研修センター 研修認定薬剤師 4名

2017年4月現在

採用医薬品数
  品目数
内服薬 488
外用薬 133
注射薬 428

2017年3月末現在

後発医薬品導入率
 
内服薬 93
外用薬 79.71
注射薬 82.91

2017年3月末現在

1日の流れ・業務内容

病棟毎に2名の担当薬剤師を配置しています。

病棟業務の時間やそれぞれの役割に応じて、その日の業務分担を決めています。

 

 

◆調剤

医師の処方箋にもとづき内容や医薬品の確認後、調剤を行います。

◆注射

調剤した注射剤は、患者毎に個別にセットして病棟へ払いだします。

◆製剤

メーカーが製造していない薬剤を調製したり、使用時点でのニーズに応える製剤を供給しています。

◆TPN

個別に必要な栄養成分に応じて、クリーンベンチを用いてTPNの無菌的な調製を行っています。

◆抗がん剤調製

当日の検査値や体重の確認後、安全キャビネット内で抗癌剤調製を行います。

◆DI

新規採用薬についての適正使用情報・病棟で
知りえた情報等、必要な情報をDI担当者がまとめて院内に通知します。

薬剤管理指導・病棟薬剤業務








すべての病棟に、専任の薬剤師を配置しています。
専任の薬剤師は、入院時に患者さんが持参された薬剤について、内容の確認をしています。持参薬やそれまでの薬剤の使用状況、アレルギー歴・副作用歴を確認し、入院中の治療薬との相互作用や、手術や検査時に休薬の必要な薬剤のチェックを行っています。
入院中は、個々の患者さんへの薬剤の適正使用の確認や、ベッドサイドで現在使用されているお薬の説明、服用状況や副作用発現の確認を行っています。
退院時は、退院後の生活に戻った後にも正しくお薬を使用できるように調整・説明を行っています。
入院時の確認から退院時の指導まで、入院期間を通して、医師や看護師など医療スタッフと連携を図りながら、安心して治療ができるようにサポートしています。

チーム医療

◆NST
対象となる患者さんへの適切な栄養の投与経路や内容について検討を行います。
院内での研修会も定期的に開催しています。

◆ICT
抗菌薬の使用状況・感染症発生状況等を把握し、適正な抗菌薬の使用を推進しています。
また、地域の医療機関と連携した活動を行っています。

◆緩和ケア
がん疼痛治療において、適切な薬剤の選択や使用についての提案を行います。
医療用麻薬等の薬剤の適正使用についてのスタッフの教育も行っています。

肝臓病教室 1回/月

肝炎・肝がんに使われるお薬について、種類や効果・使用期間や副作用等のお話を行っています。





糖尿病教室 2回/月(薬剤師担当)

内服薬・インスリン等の注射薬についてのお話を行っています。
効果・副作用や皮下注射の方法、低血糖についての説明を行います。

外来化学療法における薬剤師業務

平成26年度より、がん薬物療法認定薬剤師の資格を有する薬剤師が、外来患者さんを対象に、①外来化学療法の初回開始時(経口抗がん剤のみの場合も含む)②レジメン変更時③副作用発現時、の3つの機会を対象に文書を用いた説明(薬の特徴、投薬スケジュール、副作用の種類と対応など)を実施しています。また、医師、看護師など医療スタッフと協力し、副作用モニタリングを行い、必要に応じて処方提案を行っています。

学生実習

薬学部5年生の学生を対象に、実務実習モデル・コアカリキュラムに沿った実習を行っています。 他部署にも協力していただき、11週間の実習期間中に、できるだけ多くのことを経験できるようなプログラムを作成しています。


プレアボイド

薬学的ケアを実践して、副作用の重篤化を回避・未然に防ぐ等の、患者の不利益を回避した事例を日本病院薬剤師会へ報告しています。

副作用報告

医薬品の「安全」と「安心」の向上のために、副作用が疑われる症例について医薬品医療機器総合機構(PMDA)へ報告を行っています。

薬薬連携

病院薬剤師・薬局薬剤師の知識の共有とレベルアップのほか、日常の疑問点や問題点などを検討する場を兼ねた勉強会を、月に1回開催しています。 毎回テーマを決めて、院内・院外から講師を招いて行っています。 地域の保険薬局の薬剤師・スタッフが対象です。

 

 

薬学生・就職をお考えの方へ

薬剤部の見学は、随時受け付けております。 日程を調整し、スタッフが対応致します。
まずはお気軽にご連絡ください。

連絡先 電話(病院代表) 097-593-1111       
    メール(薬剤部) 617gay1@hosp.go.jp

詳しくはこちら