診療科・各部門のご紹介

看護部

看護部の紹介 病棟のご案内 委員会活動
教育構想 専従・専任看護師の活動 看護部からのお知らせ

教育構想

看護部の教育構想

国立病院機構統一の「看護職員能力開発プログラム(アクティナース)」 

能力開発のねらい

国立病院機構で働く看護師一人一人が専門職業人として自覚を持ち、国立病院機構が担う医療を推進しうる看護実践能力を向上させることをねらいとしています。
国立病院機構の役割を果たすために求められる看護師としての能力として、次の5点があります。
1.高度な専門的知識・技術を有していること
2.看護職として主体性をもった看護実践ができること
3.QOLの向上を目指した看護が提供できること
4.高い倫理観を持って看護を提供できること
5.臨床看護研究ができる能力を有していること

この考え方に基づいて、看護部教育プログラムを構成・企画運営しています。

 

新人教育

実務Ⅰ(2~3年目)教育

2年目 3年目
受け持ち看護師としての振り返りメンバーシップ研修  
看護観(ナラティブ)取り組み・発表会
看護記録①
事例研究取り組み・発表会
看護記録②
プリセプター研修 

実務Ⅰ(4~5年目)教育

4年目 5年目

リーダーシップ研修

プリセプターとしての実践

看護研究(個人研究)活動
活動を通して研究的態度を得する

ジェネラリスト教育

当院では、実務Ⅱ研修を修了した看護師をジェネラリストと位置づけています。

 

コース共通の取り組み目的

大分医療センターの理念及び診療・経営の方針、当該年度の病院目標、看護部の理念及び基本方針、当該年度の看護部管理目標に基づいて、看護部の立場から教育活動を行い、組織(看護)に貢献する。

ジェネラリストNSは、上記の目的に基づいて年度ごとに設定されたコースに所属し、1年間を通して活動を行います。