診療科・各部門のご紹介

病理診断科

研究検査部長

森内 昭

  • 医学博士
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • 日本臨床検査医学会臨床検査専門医
  • 日本臨床検査医学会臨床検査管理医
  • 日本病理学会病理専門医研修指導医
  • 臨床研修指導医
  • 日本病理学会認定病理医
  • 死体解剖資格認定(病理解剖)

当院病理医の仕事の内容は、日常の病理組織診断、細胞診、病理解剖に大きく分けられ、更にCPC(病理解剖所見や手術検体組織所見などについての臨床医と病理医の所見検討会)の開催、研究成果の学会発表なども重要な業務です。
医学の曙は病理解剖によってもたらされたとも考えられ、病理解剖は病気の原因の解明や医学の進歩に欠かせないものであり、今日まで貴重な情報を医療分野に与え続けてきましたが、医学にはまだ未解決の部分が残されていて、今後とも病理解剖の重要性は変わらないと思います。私の臨床病理医としてかかわる分野は、当院の外科、臨床各科の提出される組織診断、細胞診の範囲であり、全身の提出検体の診断を課せられています。私的に興味をもって研鑽を積んできた分野は、腫瘍病理学で、中でも早期がんの発見に導く病理診断法の開発にあり、これまで臨床病理学的に有効な病理診断法が構築できています。しかしながら、院外の地域の「かかりつけ医」や院内の臨床医との連携、情報共有なくしては癌の早期発見を恒常的に続けることはできません。一般的に膵癌が臨床的に予後の悪い癌とされている現状の中で、当院ではここ数年で数例の早期膵癌手術例があります。他の消化器癌や乳癌、泌尿器癌などの早期発見に関しても、上記の「かかりつけ医」、臨床医と病理医との情報の共有が最も重要です。
現在、「かかりつけ医」の必要性が、全国的に提唱されていますが、国民医療の基盤は各地域医療圏の「かかりつけ医」医療を主軸にして、その領域の最適な主幹病院との緊密な連携によって構築されると考えます。その中で、各種の癌の早期発見、あるいは癌の早期発見プロジェクトの構築も可能となるでしょう。
大分医療センターでは、各種の癌の早期発見、治療が可能です。