診療科・各部門のご紹介

泌尿器科

副院長

奈須 伸吉

  • 医学博士
  • 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
  • 日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
  • 日本泌尿器科学会日本泌尿器内視鏡学会、日本内視鏡外科学会
    泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 日本透析医学会認定医
  • 日本透析医学会専門医制度透析専門医
  • 死体解剖資格認定(病理解剖)
  • 大分大学医学部臨床教授
  • 臨床研修指導医
  • 日本泌尿器内視鏡学会評議員
  • 日本泌尿器科学会西日本支部評議員

医長

羽田 真郎

  • 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
  • 日本泌尿器科学会泌尿器科指導医
  • 日本透析医学会専門医制度透析専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 臨床研修指導医

医師

甲斐 友喜

  • 臨床研修指導医
  • 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医

医師

甲斐 博宜

  • プライマリケア連合学会認定医、指導医
  • 日本内科学会認定医
  • 地域包括医療・ケア認定医
  • 臨床研修指導医

大分医療センター泌尿器科は、日本泌尿器科学会専門医教育施設です。
当科は、治療効果がとてもすぐれ、患者さんの身体に優しい、内視鏡手術の経験が豊富です。
泌尿器科で行っている、いろいろな診療内容について、ご紹介しましょう。

 

(1)前立腺がんの内視鏡手術

前立腺がんの腹腔鏡(ふっくうきょう)手術は、10年以上行っており、豊富な経験があります。当院では今までに250例以上行い、手術方法は完成されています。近年、日本では、ロボット手術が徐々に広まりつつあります。腹腔鏡手術とロボット手術はよく似ていますが、それぞれに長所と短所があり、決していずれか一方がまさるわけではありません。いずれの手術も、何と言っても手術経験が重要な手術です。その点、当院には、豊富な経験があります。がんを治す精度が高く、安全で、術後の排尿にも優れた手術です。腹腔鏡手術技術認定医が居ますので、どうぞお任せください。


(2)腎臓・尿管の癌、副腎腫瘍などの内視鏡手術

腎臓や副腎などの腹腔鏡手術は、19年、通算500例以上の経験があります。がんを治す精度が高く、からだにやさしい手術です。腹腔鏡手術認定医を含む3名の泌尿器科専門医が手術を行います。安心して、お任せください。

 

(3)前立腺がんの検査

①前立腺の内部がよくわかるMRIを撮ります。②生検で、がんの診断をします。生検とは、肛門に近い皮膚から、針を刺して前立腺の細胞を採り、顕微鏡でがん細胞が有るかどうか調べる方法です。下半身の麻酔をして行いますので、まったく痛みは無く、わずか30分ほどで終わります。2‐3日の入院が要ります。

 

(4)前立腺肥大症の内視鏡手術

身体に安全な、生理食塩水を使用した、バイポーラメスで、尿道から内視鏡手術をします。また、昨年より、出血がとても少ない、バイポーラ蒸散メスを使用していますので、安全です。麻酔をしますので、まったく痛くありません。前立腺肥大症の内視鏡手術は、30年近い経験があります。


(5)膀胱がん、尿路結石の内視鏡手術

膀胱がんは、尿道から内視鏡を入れて、バイポーラメスで切り取ります。尿路結石も、尿道から内視鏡を入れて、砕いて取り出します。麻酔をしますので、まったく痛くありません。この手術も30年近い経験があります。


(6)腎臓・尿管結石を切らずに手術する

2年前に、体外衝撃波結石破砕(ESWL)装置(ショックウェーブで結石を爆破する治療)が新しくなりました。1年に100人以上手術をしています。麻酔をせずにできる安全な方法で日帰りか、1泊入院ですることが多いです。


(7)腎不全の治療

腎臓の働きが弱り、体の毒素を体外に出せなくなった人に、透析治療をしています。通る析とは、血液透析と腹膜透析があり、当科は、両方の治療をしています。血液透析は、10人分の最新機器があり、広く新しい透析室で行っています。腹膜透析は10人以上の方が通院されています。

 





泌尿器科からのお知らせ

泌尿器科紹介("のぞみ"第12号掲載内容)
泌尿器科紹介("のぞみ"第24号掲載内容)
前立腺癌の血液検査について
尿路結石の話
体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)による腎尿路管結石の治療を行っています