診療科・各部門のご紹介

循環器内科

有川雅也部長

有川 雅也

  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 大分大学医学部臨床教授
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定医

医師

福田 智子

  • 日本内科学会総合内科専門医

医師

山末 象三

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会循環器専門医

医師

山内 秀一郎

  • 日本内科学会認定内科医

循環器内科のご紹介

大分医療センター循環器内科は、

  1. 心血管救急医療
  2. 虚血性心臓病(狭心症・心筋梗塞)のカテーテル治療
  3. 高齢者の心不全診療
を中心に診療しています。

1.心血管救急医療

急性心不全、虚血性心臓病、不整脈などの循環器疾患は一刻を争う病気のため、24時間オンコール体制(医師、看護師、放射線技師、検査技師、臨床工学士)で診療しています。必要があれば、緊急心臓カテーテル検査、治療を行います。

2.虚血性心臓病のカテーテル治療

当科では、光干渉断層法(OCT)を用いたカテーテル治療を積極的に行っています。OCTとは、超音波の代わりに近赤外線を使用した血管内断層画像診断法であり、従来の血管造影検査のみ、または、血管内超音波(IVUS)と比較して、より詳細な冠動脈壁構造を観察しながらのカテーテル治療が可能となりました。(図参照)

3.高齢者の心不全診療(「心不全パンデミック」に向けて)

我が国は超高齢化社会を迎え、心臓病の終末像である心不全が急増しており、近い将来、「心不全パンデミック」が懸念されています。このような状態に対応する診療体制と、患者さん一人ひとりに適した心不全治療(薬物療法、心臓リハビリテーション)をチーム医療で実現していきます。