病院のご紹介

院長挨拶

 大分医療センターのホームページへようこそ。

 平成30年度、新年度になりました。昨年度は当院において二つの大きなイベントがありました。
 一つは、今まで何度もお伝えしています平成29年12月に稼働しました最上階5階病棟60床の地域包括ケア病棟です。
 もう一つは平成30年3月1~2日に受審しました病院機能評価です。今回で3度目の受審になります。患者さんにとって良質な医療を提供するために、改めて今後も病院の質の向上に努めなければと思っています。

 当院の広報誌は主に職員向けの院内広報誌「大分」と医療関係者向けの院外広報誌「のぞみ」の2種類ありました。今年度からその2つの広報誌を一つにまとめて「あいしん大分」という新しい広報誌に統一しました。「あいしん」は当院の理念の「愛の心」からとって「愛心」→「あいしん」と名付けました。この広報誌「あいしん大分」は新聞ニュースのように、一般の方がみても分かるように編集しています。広報誌のバックナンバーはこのホームページ上で閲覧できます。
 大分東部地域の“がんセンター”的位置づけとして当院のがん診療関係の全ての実績を「がん年報」として、まとめたものを平成30年2月に創刊しました。この「がん年報」も「あいしん大分」と同じように、一般の方から、医療職の方までご覧になれます。この年報は字のごとく毎年出版する予定です。

 大分県地域医療支援病院、大分県がん診療連携協力病院として当院の基本理念の“「愛の心・手」で病める人々に寄りそう医療”を以て、安全・安心・最良の医療を提供するように努めてまいります。
 地域から愛され、信頼される病院を目指します。


平成30年4月